ディズニーキャラと学ぶ!ユニコーンとペガサスの違い

今回はファンタジーでは定番のユニコーンとペガサスの違いについてです。
どちらも伝説上の生き物ですが、特徴や始まりは異なります。
ディズニーキャラクターでもユニコーンとペガサスが登場する映画があるので、「トイストーリー4」バターカップと「ヘラクレス」ペガサスのキャラクター二人?(2頭)に登場してもらい解説していきたいと思います。

ペガサスは、ギリシャ・ローマ神話から登場しました。
海神「ポセイドン」と彼の愛人であった怪物「メデューサ」の間にできた子供とされており、メデューサがペルセウスによって首を斬られた時に切り口から生まれたとされています。

(結構エグい・・・)

兄弟にはクリューサーオールがいます。

ペガサスの特徴としては、背中に鳥の翼があり空を飛ぶことができます。

外見はとても優美ですが、実はかなり気性が荒く人間を近づけようとしません。
乗ろうとした者を次々と振り落とそうとするんだとか・・・
女神アテナが黄金の馬勒をつけてやっとコントロールできるようになったとされています。

ディズニー映画「ヘラクレス」ペガサス
ディズニー映画「ヘラクレス」よりペガサス

霊感の象徴とされ、星座(ペガサス座)になりローマ時代は「不死の象徴」とされていました。
また中世ヨーロッパ以降の貴族社会の紋章学では「教養」「名声」の象徴とされていました。

ちなみにペガサスが歩いた蹄の跡には、ヒッポクレネという泉が沸きます。

日本での呼び方は、天馬(てんま・てんば)

ユニコーン

ユニコーンは、1874年に刊行されたフランスの小説家ギュスターヴ・フローベルの文学作品「聖アントワースの誘惑」の中で、1本の角を持つ美しい白馬として登場しました。

ユニコーンの特徴は、額の中央に螺旋状の1本の角があることです。

性格は極めて獰猛(どうもう)で、ユニコーンの強大な角はゾウも殺すほど強靭だと言われています。
ちなみに処女の懐に抱かれることで、初めて大人しくなるんだとか・・・

(えぇ・・・)

ディズニー映画「トイストーリー4」よりバターカップ
ディズニー映画「トイストーリー4」よりバターカップ

「純潔」「貞潔」の象徴とされた一方、悪魔などの象徴とされ七つの大罪の一つである「憤怒」の象徴にもなりました。

翼と角 両方を持つ馬

ペガサスの翼とユニコーンの角を持ち合わせる空想上の生物もいます。

「有翼のユニコーン」「アリコーン」「ユニサス」「ユニペグ」などと呼ばれています。


いかがでしたか?
今回はユニコーンとペガサスの違いについてご紹介しました。
様々なファンタジー作品に出てきますので、違いを知ることでより世界観を楽しめるのではないでしょうか?